QLOOKアクセス解析
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

かわいらしくて、色鮮やかな「メキシコの刺繍」 小澤典代著

2014年05月02日
CIMG4589.jpg


メキシコの刺繍は、かわいい図案と、色鮮やかな配色がとても印象的です。

たまたま手に取った本があまりにもかわいくて

ついつい読みふけりました。

いわゆるパターンを紹介している本じゃありません。

メキシコの先住民のインディヘナの女性が作り出した作品や

その背景、メキシコ刺繍のお店

そしてかかわっている日本人を紹介しています。

とても丁寧に取材された読み応え、見ごたえある内容です。

刺繍はやらないけれど

読むのも見るのも大好きな私にぴったりです^^



それぞれの種族によって色使いや

花、鳥、動物、模様、など使うモチーフが違っています。


読んでいると、友禅みたいな図案があったり

こぎんさしみたいな図案もあったりするんだなぁと

思っていたら、

日本の着物からの着想を得たものもあるのだとか。


中でも笑ってしまったエピソードが1つ。

とても細かいステッチを施した技術の高い刺繍スタイルがありまして。

それがバジェセントラル地方の

サンアントニーノ カスティージョ ベラスコ村(長い・・汗)

「Hazme si puedes(アズメ シ プエデス)」というスタイルの刺繍。

直訳すると「やれるものならやってみろ」という意味。

この刺繍スタイルには、二つ意味があって、

一つはその女性の刺繍の技術の高さを見せるためのもの。

そしてもう一つが、その昔、女性が夫や恋人の下着に施した刺繍だったそうで、

その目的が浮気防止なんだそうです^^;;



どんな刺繍か見てみたい方は、

「オアハカ やれるものならやってみろ メキシコ刺繍」

といった言葉で検索してみてください。


かわいい刺繍なんですヨ、ホント^^;;

スポンサーサイト
近況 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。