QLOOKアクセス解析
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

使い心地が良くなってきました^^ 手作り石けん②

2014年01月20日
CIMG4464.jpg

昨日の石けんづくりの続きです。

石けんづくりの本の前田京子さんの本「お風呂の愉しみ」には
3タイプの基本となる石けんの作り方があります。

一つがオリーブオイルだけをつかったシンプルな「オリーブ石けん」
二つ目が3種類のオイルを使った「特製マルセイユ石けん」
三つめが5種類のオイルを使った「最高にぜいたくな石けん」

そして「オリーブオイル石けん」には、
「しっとりタイプ」と「さっぱりタイプ」の作り方がありましてね。
以前は「しっとりタイプ」を作ったのですが
今一つ肌に合いませんでした。

なので今回は「さっぱりタイプ」と「特製マルセイユ石けん」
作ってみることにしました。

で、出来上がって使い始めたのが夏ごろでした。

当初は、さほど、何も思わず使っていたのですが、
今年に入ってからです。

洗い上がりが格段に違うことがわかりました。
しっとりするんです。
肌の調子がいいんです。
しかも石けんの溶け崩れが少ないのです。

これはいいなぁと思ったので、
先日も特製マルセイユ石けんを2本。
仕込んでみました。


ホワイトパームの代わりに前回と同様に、
ほぼ鹸化率が同じだった
レッドパームで仕込みました。

(ちなみにトップの写真は、去年5月に仕込んだ
「特製マルセイユ石けん」の残りです。
レッドパームのオレンジ色が抜けてきて
全体的に白くなっています)


そして以前から作ってみたかったホットプロセスで
一つは作ってみました。

3種類の油をあわせてボールに入れて温め、
苛性ソーダと水を合わせ、そのボールに入れ、
湯せんしながら、ぐるぐるかき混ぜること20分。
そして放置していたら、
そしたら、鹸化が早いこと早いこと!!!!

通常だと型入れまで、12時間ほどかかるのに、
ものの20分ほどで、トレースが出てしまって、慌てました^^;;

見た目がどうにもぼろぼろ・・・・^^;;;;
CIMG4466.jpg

一方コールドプロセスは、湯せんをせずに、20分かき混ぜて放置。
型入れまでほぼ12時間でした。
見た目こちら、きれいでしょう^^


CIMG4468.jpg



熟成期間はホットプロセスのほうが短いく
1か月ぐらい寝かせたら使えるそうです。
コールドプロセスは、2か月ぐらい。

使い心地はどちらも変わらないそうですが、
さーどうでしょうか^^

それにしても、
最初は石けんづくりって
面倒だなぁと思ったのですが
意外にも簡単で、しかも使い心地がいい。

押入れを掃除してよかったです^^

さてさて。
次はどんな石けんを作りましょうか^^
スポンサーサイト
近況 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。