QLOOKアクセス解析
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

もしも、そんな目に自分があったら・・・・・。

2013年11月03日
先日見たブラジルのバイクジャックの映像が、
少々ショッキングだった私です。

たまたまヘルメットにカメラを装着していたから
写っていた映像でした。
仮にそれを、バイクAとします。
バイクジャックは2人。タンデムで乗っています。
前に乗っているひとをバイクB1、後ろをバイクB2とします。

それは交差点に差しかかり、右折しようと
バイクAが減速した時のこと、
後ろからバイクジャックBが、
そのバイクAを少し追い抜き、バイクB2が、銃を右手に、
左手は、Aのバイクのハンドルを押えます。
Aは、たまらず止まり、すかさずB2はバイクを飛び下り、
バイクAのバイクを倒します。
その間、銃はバイクAの人に向けたまま。
キーを脅し取り、倒れたバイクを起こして、乗って逃げようとしました。

私も同じことされたら、
ジャックされちゃうだろうなと思っていたら
そのあとが、ちょっとショックな映像が続きました。

実は反対側の車線に警官がいたんです。
その警官は、バイクB2に近づいて、
そしてバイクB2を拳銃で打ちました。
一切警告なしです。
警告がなかったのは、
たぶんバイクB2が銃を持っていたからだと思います。

バイクB2は生きてましたけどね。

警察がそういう対処に
ならざるを得ないのも理解はしています。

でも、日本とくらべて犯罪のレベルもその対処も違っていて、
そういう映像をみるたび、
いつもちょっとショックを受けます。

それにしても、こういう事態が
いざ自分に降りかかってきたら、
対処できるかなぁ^^;;

脅されちゃうし、
バイクは盗まれちゃうし、
目の前で撃たれているし^^;;;;;;;;

展開が早すぎます。

でも、こういう時は、バイクAのやっている通り、
変に抵抗せず、相手の要求通り、
差し出す方がいいでしょう、たぶん^^;;

スポンサーサイト
ブラジル雑談 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。