QLOOKアクセス解析
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

「こころげそう」畠中 恵

2013年07月16日
CIMG3891 (2)

最近よく読んでいる。
畠中恵(はたけなか めぐみ)さんの小説です。

たまたま図書館で「しゃばけ」を借りて、
おもしろくって、ほかにもいろいろ借りていました。
時は江戸。そして登場する主人公と妖怪と謎解き。

妖怪が出ているからと言って、
怖いとかそんなこと思わせません。
そして、どのシリーズも
江戸を舞台にした謎解きが
とてもおもしろい。


「しゃばけ」含めて4冊ほど読みました。

その中でも「こころげそう(心化粧)」は、よかった。
とある事件をきっかけに、
幼馴染の男女9人の恋模様と人生が描かれています。
妖怪は出ないですが、幽霊がでます。
でも怖くない笑

アマゾンでは評価が分かれていますが、
今までになく、この作品は好き。

思うようにならない、
そして思うように生きたい
そんな人の心も自分の人生も
ひっくるめて、一つ一つの短編におさめられ、
最後に謎解きが完成します。

たぶん若い時にこの本をよんでも、
今一つよさがわからなかったと思います。
今の私だからこそ、わかる本、
そういう本を読むのもいいなぁと思う今日この頃。
スポンサーサイト
近況 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。