QLOOKアクセス解析
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

備前焼の急須( びぜんやき の きゅうす )

2007年06月02日
備前焼

先日、備前焼の窯元にいったら、おんなじのがごろごろっところがってました。
全部、失敗作なんだそうです。

作風がちがったのか、なんなのか、理由はわからないんですが、
見た目は、まだまだ急須に使えそうです。
水を入れても、漏れないし。

そんなわけで、1ついただきました。

あ、陶芸家さんって、失敗作は他に譲ったりしないそうですね。
なんでも、銘の入った駄作が流通してることが、いやなんだとか。

こういう芸術ものはブランド力が大事ですから、ね。

でも、よしみで、いただきました^^

かわいい注ぎ口


ひょっとこみたいな注ぎ口がかわいい!

その陶芸家さん、私と似た年なんですが、作る作品は渋い(笑)
ま、備前自体が渋いんですけど、
彼の場合は、さらに、新しいアイデアを盛り込もうと、
試行錯誤しています。

写真じゃわからないんですが、彼が作る備前焼は、厚さが薄め。
備前ってもちょっと分厚いんですけどね。
軽めの食器をいつもよく作っています。
卸のかたから、そういわれたのか、わからないんですけど、
お茶碗も、軽い。持ちやすいんです。

家に帰ってから、いただいた急須に茶葉を入れ、
80度のお湯を注ぎ、しばらく待ちました。

湯のみに注ぐと・・・・。


なぜ失敗作なのか、その意味がわかりました^^


だって、注ぎ口とふたのとことろから、
一緒にお茶がじゃーって、流れてくるんですもん!!!!

ああああーっっ!!って声を一瞬あげました。
予想しないことが起こったら、一瞬声をあげるものなんですね、人間って。

そして、急須を横から見て納得しましたよ。

あ、なるほど!

ね?
普通は、注ぎ口はふたの位置より、上まで伸ばすものなんですけど、
これは、ふたの位置より、下。
だから、急須を傾けたら、ふたのところからも、水が出てくるわけです。

失敗作って、てっきりデザインとかが違うと思っていたんですが、
実用性に向かないという判断による失敗作なんですね。


というわけで、この急須は、今日から、めでたく花びんと、
お香を焚く入れ物になりました^^




スポンサーサイト
■うちごはん | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
わー、残念!
花瓶にすればいいのに、って思ったら、実際にそうされるんですね。
観葉植物とか、小さめのお花とか、こう垂れ下がる感じの野草とか
飾ったら、可愛らしいかも。
なーんて、勝手に想像してすいません。
こういうのが似合うお家でいいなぁ~。
おおっ
なるほど~。
垂れ下がる感じの野草っていいですね!
うんうん!

こんど花屋にのぞいてみます^^




管理者のみに表示

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。