QLOOKアクセス解析
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

スイスのジャガイモ料理 batata suiça

2012年07月27日
120721バタタスイーサ

オリンピックですね!
なでしこが、初戦のカナダ戦を制し、
男子サッカーはスペインを制しましたね!
うれしい~^^)ノ

毎日新聞に載っていた
なでしこの宮間のこの言葉には、私もグッときました

こういう言葉がするするでてくるんですね。
しかもみんなで一瞬で同じ思いを同じレベルで
共有できるチームなんですね。
いいチームやなぁ!

さて。
ジャガイモとチーズが好きな私です。
それを両方を満足してくれる料理を発見。

その名は、
「スイスのジャガイモ batata suiça(バタータ スイーサ)」

?と思ったんですが、
Rosti(ロシュティかな?)という
スイスのジャガイモ料理があるそうです。
なんでも、チーズフォンデュをする時、
パンやゆでたじゃがいもを
チーズにつけて食べます。
その際にジャガイモが余ったら、
Rostiという料理を作るそうです。

それが、バタータ スイーサ。

見た目分厚いハッシュドポテトですが、
その特徴は、中に具が入っているということ。

ちなみに、写真のバタータ スイーサには、
中にチーズとバジルがしこんであります。

というわけで、レシピを読んでいくと、
こちらの料理は、ゆでたジャガイモを
一回ゆでて、冷やしておくという
工程があります、
そのあと、千切りにします。

めんどくさーい(笑)。

いつもハッシュドポテトは、
生のジャガイモを使うので、
生でも行けるんじゃないか?と思って
弱火にして、油を多めに入れて
焼き時間長くとってやってみたんですが、
やっぱり分厚いせいもあって中は生焼きっぽい。

そこで、電子レンジの登場です。

全部スライサーで千切りにしたら、塩をふって混ぜて、
ラップをして、2分ほど電子レンジでチン。

フライパンにサラダ油を入れて
半分のジャガイモを入れます。
大きく広げず、丸型に。
その上に、チーズと刻んだバジル、こしょうを
振り掛けます。
その上にまたジャガイモをのせます。

ヘラで形を丸く整えて、ふたをします。
周りがカリっとしてきたら、
ひっくり返して裏面も焼きます。

できあがり。

かんたんです^^v

中身はチーズやハムとか、ピーマンとかとか
水気がすくないものがいいかなと。
ハーブでいえば、ローズマリーもおいしいと思う。

冷蔵庫のお掃除ができそうです。

あ!
個人的には、ゴルゴンゾーラをいれたい!と思っています。
ワインが合いそうなおつまみです^^v


ぜひクリックよろしく~^^v




スポンサーサイト
■ブラジル系ごはん | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
おいしそう~♪
焼き色キレイですね!

この料理食べたことあるかな私?はて。
じゃがいも色んな種類があって奥が深いですよね。
フライドポテト専用のピンク色のじゃがいもがあるのもブラジルに来てから初めて知りました。

個人的にテーブルクロス?ランチョンマット?がツボです!可愛すぎる(><)
>Koharu さん
こんにちは~!

わ、ピンクのジャガイモあるんですか!
食べてみたいです。
それでバタータスイーサ、作ってみたいですね。
この料理は、結構私好みでした^^v

あ、バックの布地は、ですね。
IKEAで買ったものです。
でもランチョンマットじゃないんですよね・・^^;;
なんだったっけ・・?

忘れてしまいました(汗

でもガーゼ素材で、使い心地がいいんですよ~^^v
>

管理者のみに表示

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。