QLOOKアクセス解析
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

モロッコで出会った街角レシピ  口尾 麻美 著

2012年06月18日
120522モロッコ

図書館で、よく料理の本を借りてきます。
料理本を読むといっても、
レパートリーを増やすというよりは、
海外の料理をよく読むという感じ。
というのは、ブラジル料理のヒントがあるから。

ブラジルは移民国家なので、いろんな国の料理があります。
そのうちの一つがアフリカをルーツに持つ
北部や北東部の料理たち。
ブラジルの北部や北東部はアフリカからの移民が多く
アフリカ色が強い料理です。

魚介類や野菜をたっぷり使って作る料理が
特に大好きです。

最近、北東部のバイーア州の
お料理がすごく好みで、
このルーツを知りたいな~と思って
アフリカ系の料理本をチョイスしてみました。

でも、アフリカ系の料理本って
あんまりないんですよね^^;;

でも1冊あったので借りてみました。
「モロッコで出会った街角レシピ  口尾 麻美 著」

ここにオクラ料理のことが載っていたんですよ。
オクラはアフリカがルーツなので、
やっぱりあったか~♪という気分。

私の母が料理する時は、大体さっとゆでて輪切りにして、
かつおぶしと醤油をかけて食べるというパターンが多いです。
どちらかといえばサラダのような感じ・・?

モロッコのレシピでは、しっかりと火を通していました。
そして、ブラジルの料理もそう。
炒めたり、煮込んだりと、しっかり火を通すパターンのほうが多い。

同じ野菜なのに、その土地の風土によって
調理パターンがあります。
ブラジル料理から世界の料理を考える。
それがおもしろいです。

スポンサーサイト
ブラジル関連の本 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。