QLOOKアクセス解析
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

世界の貨幣コレクション 創刊号はブラジル!

2013年01月29日
130129世界の貨幣


先日テレビを見ていたら、
hachette(アシェット)の世界の貨幣コレクション
のCMがありました。

ブラジルはあるのかな~っと本屋さんで
何気に手にとると、創刊号がなんとブラジルとインドでした^^v
190円とお値段も超手頃。
即買いました^^v
本物の紙幣100クルゼイロ(1942~1967年まで使用)も
ついています。
それが写真の真ん中側の下に移っているもの。

上からみても下から見ても100クルゼイロとわかる絵柄。

開いて読んでいると、通貨を通じてブラジルの歴史が
わかりやすく説明されています。

そしてブラジルの紙幣の種類を読んでいた時に
そういえばと思い出しました。

ブラジルの紙幣の種類は全部で7種類。

1レアル 2レアル 5レアル 10レアル
20レアル 50レアル  100レアル

となっています。

そこでふっと思い出しました。

昔あったらしい実際の偽札事件のお話がありましてね。
なんでも、「2レアル札が新しく発行される」と
ニュースになったので、それを聞いた
とある犯行グループが、その偽札を偽造したそうです。
ところがすぐに捕まってしまいます。

なぜか。

紙質が違うから?
印刷が雑だから?

いえいえ。違います。

なんと犯行グループが作った偽札は

3レアル札だったそう^^;;

どう見ても明らかに違う(笑)

とうわけで、3レアル札を使ったら
すぐ御用となったそうです。
ほんまかいな!と突っ込みそうですが、
なんだかありえそうな話です(笑)。

スポンサーサイト
ブラジル雑談 | コメント(0) | トラックバック(0)

りんごの一口ドーナッツ Bolinhos de maçã

2013年01月27日
130126リンゴの一口ドーナッツ

アツアツのリンゴのお菓子です。
いつもいつも思うんですけど、
こういった名前のお菓子は
日本語の名前のつけ方を悩むところです。

bolinhos de maçã (ボリーニョ ジ マサン)の
maçãはリンゴという意味
ボール(bolo)が普通のボールなら
小さいボールという意味のボリーニョ(Bolinho)。
一口で食べられるので、
「りんごの一口ドーナッツ」と命名しました。

作り方は簡単です。

*** 材料 ***

りんご2個

薄力粉130g
砂糖大さじ2
ベーキングパウダー小さじ1
塩一つまみ

卵1個
牛乳120ml


***作り方***

①リンゴ2個を芯はとって、一口サイズに切る。
そのりんごに分量外の砂糖をまぶす。
②薄力粉と砂糖、ベーキングパウダー、塩一つまみを混ぜてふるう。
③卵1個と牛乳を混ぜて②へ入れ、よく混ぜる。
④リンゴに③をつけて揚げる。
⑤粉砂糖を振ってどうぞ^^


冬は温かいおやつがいいですね。
粉砂糖と一緒に
シナモンをふってもいいですし、
お砂糖を増やしたり減らしたりして
お好みの甘さに調整してください。

りんごの旬もそろそろ終わり。
一つどうぞ。


ぜひクリックよろしく~^^v





ここ最近、寒いですね!
髪の毛切ったばかりなので
首すじが寒い^^;;
でもね、快適なんです。
髪の毛が軽くって軽くって!
ふわ~ってかんじ。

寒いけど、この軽さはうれしい^^ネ!
■ブラジル系ごはん | コメント(0) | トラックバック(0)

あばたもえくぼ

2013年01月24日
130124ブランチ

先日のブランチ。

あまった野菜をいためて卵をおとして塩コショウ。
パンを焼いてマーガリンを塗ってはさみ、
焼いたウィンナーとコーンスープという
簡単な内容。

こういうのも好きです。

ポルトガル語の単語を覚えていると、
こういうことわざが出ていました。

「あばたもえくぼ」と同じ意味で、
ブラジルでは、
「Quem o feio ama,bonoto ihe parece
(醜い人を愛する人は、その人が美しく見える)」
というもの。

とそこで思い出したのが、
ずーっと前に書いた記事のこちら
「ブラジル初の女性大統領!!!よりも、話題性がありました。。。」
で書いたブラジルの副大統領のミシェル・テメルさんと
奥さんのマルセル・テメルさんご夫妻。

その方が醜いと言っているんじゃないんです。
年齢差がすごいんです。
当時ミシェルさんの年齢は70歳でマルセルさんは27歳。
その差43歳です。

マルセルさんいわく「彼は30代の青年にしか見えない」とのコメント。
愛は醜い容姿も美人にはできるかもしれないけど
年齢を40歳も若返らせるとは。
愛ってすごいね^□^;;



***

先日髪を切りに行きました。
ずーっとロングだったので、飽きてしまっていたのです。
胸まであった髪を肩まで切ってもらいました。

初めてその美容院に行った時から
私の髪質をすぐ見抜いてくれて、
要望を聞き入れつつ、扱い方法や
アレンジ方法も教えてくれるので長く通っています。

今回もとても丁寧に丁寧に切っていただき、
ほんといつもありがたい美容院です。

ブローをしてもらうと
連日の仕事疲れからか、うとうと・・・・。
ブローされている間、気持ちいいんですよね。

目覚めて、気分もすっきり!髪もすっきり!

もうすぐ春ですね^^~



■うちごはん | コメント(0) | トラックバック(0)

文字を練習する、そして単語を覚える

2013年01月22日
130122チョコケーキ

今朝は冷たい雨でしたね。
寒くて震えました。

そうそう。
先日おいしいおからをいただきました。
そして以前に作ったホットワインで煮込んだリンゴがあったので
それを具材にしておからのチョコケーキを作ってみました。

いつもクックパッドのこちらの
CAFE703さんの2代目★おから★ショコラ
で作っています。
おからが入っているとは思えない食感で
しっとりしていておいしくって何度も作っています。

それでですね。
食べてみたら、リンゴの存在感が今一つありません・・・。
あ・・・・・ある・・・・?か?みたいな感じ。
量が少なすぎました。
これだったら食べずにもう少し残しておくでした^^;ハハハ

話は変わって
先日ブラジルの友人宅へ遊びに行ったら
友人が漢字の練習のドリルをしているんです。

小学校一年から初めて
現在は、小学校2年生の漢字ドリルです。

日本語の文字って、なかなか難しいと思います。
文字のスタイルだけで、
ひらがな・カタカナ・漢字と3つあり、
数字も漢数字やアラビア数字があります。
濁点を除いて
ひらがなカタカナはそれぞれ46個
常用漢字で2000コ以上あります。

それらがミックスされて、文章を作っています。
そんな言語の国は、なかなかないでしょう。
一方、ポルトガル語や英語に使われている
アルファベットは26文字のみ。
他は大文字か小文字といったぐあい。

ブラジル人からしたら、難しいよ(>_<。
といわれるのもうなずけます(いや、私もそう思います)。

ともあれ、ブラ友も頑張っていることですし、
私も頑張ることにしましょう!

あ!もちろん、
先日書いた1日5分の勉強のポルトガル語の単語も
ちゃんと続いています。
一日5分の勉強です。
われながら、続くなんて、
すごい・・と感心しています^^;オイオイ
近況 | コメント(0) | トラックバック(0)

作り方が不思議なバナナケーキ Torta de banana

2013年01月15日
1330112バナナトルタ

お正月に、ブラジルの友達のところで、
ブラジルのフリーペーパーをぱらぱら~っと
見ていたら、ケーキのレシピが載っていたんですよ。

読んでみたら、なかなか作り方が面白くって、
一瞬読み違えたのかと思うほど、
今まで私が知っていた作り方と違うんです。

とういうのは、ケーキを作るときは
卵と小麦粉とバターって混ぜてきたんですが、
そのレシピは、混ぜずに、別々でスタンバイさせておいて、
それぞれを上から塗っていくという手法だったんです。

この方法でケーキを作ったことがないので
味が想像がつきません。
だから作るのをすごく楽しみにしていました。

誰が書いたんだろうと思ってみたら
Chef Mizinhaさんという方。
なんでも今は東京で料理の専門学校(たぶん)の講師をされている模様

そして先日試してみました。
出来上がったのが写真のもの。

まず、輪切りバナナを下にひいて、
溶かしバターをぬり、
その上にふるった小麦粉等をふりかけ
卵を塗る。

それを2回繰り返します。

ね。おもしろいでしょう。

四苦八苦したところが、卵を塗る段階です。
塗ろうとしたら、小麦粉にはじかれて
うまく塗れない^^;;;
強引に塗ろうとしたら、
卵と粉が混ざってしまう。ははは^^;;
仕方ないので、それで焼きました。
焼きあがったらチョコレートをぱらぱらとおいて完成。

食べてみると
あつあつの時は、バナナがクリームみたいなんですけど
冷めると、全体的にふにゃとろりとした食感。

あれ!おもしろい(笑)

思わずへえ~っとうなずいていました。

いろんなケーキの作り方があるんですね!
次回はココナッツを入れてみようと思います^^



ぜひクリックよろしく~^^v




■ブラジル系ごはん | コメント(2) | トラックバック(0)

インドのスナック サモサ

2013年01月12日
またまた元町の料理教室へ
スパイス料理を勉強(?)しに行ってきました。
いつも参加される方は楽しい方ばかりで
笑い通しです^^

今回は、インドのスナックサモサとほか
いろいろ教えていただきました。
どれもほんとおいしかった!

スパイス大好き!
ハーブも大好き!

という味わい深い料理ばかりでした!

こういういろんなスパイスを使った
複雑な味わい系の料理もいいな。

今回はサモサは皮から作りました。
難しかったのはサモサを詰めるところ。
最初ちょびっとしか詰められないんですよ。

でもそこを頑張って詰める。
130106サモサに詰める

さらに皮を伸ばして詰める詰める!
130106サモサに詰める詰める

なんとか、こんなぱんぱんの三角形なかんじに。
130106サモサこんな感じ


それを揚げる。
130106サモサ揚げる!

中身が出ています。
でもおいしそう。
つまみ食いしたい!でも、ガマン。

あとはトマトスープ(右下)とグリーンチャトニ(右上)、
焼きナスのライタ(左上)を作って完成。


130106インドのスナック完成!


サモサの皮はさくさくっとして
中のじゃがいもはホクホクっとしておいしい。
さらにおいしさを盛り上げてくれたのが
サモサにつけたグリーンチャトニ(上記写真右上)。
コリアンダーなどなどハーブや野菜を使ったソースなんですけど、
これがおいしいのなんの!
この組み合わせは驚きでした。

あとトマトスープ(上記写真右下)。
これがやさしい味でね。
最後に熱したギーを入れるんだけど、
脂っこさがなくって、コクが増しているんです。

そして焼きナスのライタ(上記写真左上)。
これもさっぱりいていてほんとおいしかった!
先生の話によると、
インドでは、ご飯にかけて食べるんですって。
夏にいいですよね。
これは夏に作って食べてみようと思います。

そうそうデザートのチャイプリン。
130106チャイプリン

このチャイプリンもおいしかったんですけど
画面左にちょこっと写っているお茶、見えますか?

これが、おいしいお茶だったんですよ。
さわやかで口直しにぴったり。
私好みのお茶だったんです。

先生に伺うと、ルイボスティーオレンジなんですって。
さすが、先生!
おいしいものをよく知っていらっしゃいます。

さっそく買いに行かなくっちゃ。


ぜひクリックよろしく~^^v




近況 | コメント(0) | トラックバック(0)

ホットワイン Vinho quente

2013年01月08日
130105ホットワイン

新年一回目は、ホットワイン Vinho quenteです。

先日、行ったimbiss カリーブルスト 神戸元町
に行ったとき、メニューにあったグリューワイン。
ドイツではホットワインのことをそういうそうです。
そのメニューを見て、
おいしそうだな~っと思って、
その話をお正月の時、ブラジルの友人にすると、
「そういえば、冬になったら、サンパウロに住んでいた時
マンションの下で、Vinho quenteを売っていたよ~!」とのこと。
なんでもリンゴやパイナップルといった
フルーツやスパイスが
入っていておいしかったんですって。

さっそく作ってみようと思って
家にあったリンゴで作りました。


*** 材料 ***

赤ワイン500ml
水250ml

砂糖50g

リンゴ半分
シナモン1本
あれば、オレンジ輪切り2切れ


*** 作り方 ***

①リンゴは皮をむいていちょう切り。
②お鍋に砂糖とシナモンを火にかける。
③砂糖が溶けてカラメルになったら
水、赤ワインを入れ、りんご、オレンジを加える。
カラメルに赤ワインと水を入れる際、
はねやすいので気を付けてください。
④沸騰させないように、弱火で10分ほど温める。

できあがり。

砂糖が足らなければ、あとで好みで加えてどうぞ。
シナモンとリンゴの香りがふわっと立ち上ります。
オレンジをいれたのと砂糖を若干控えめにいれたので、
さっぱりした甘味です。

もう寒の入りですね。
まだまだ寒い日が続きます。
ちなみにシナモンは
体を温める働きがあるんだそうですよ。
温かいホットワインをどうぞ。



ぜひクリックよろしく~^^v





****

新年早々いうのもなんですが
食器や、フライパンを洗っていると
フライパンの持ち手がもげました(笑)
あらー。

いやー、フライパンがないと困るな~と思っていたら、
今度は、デジタルスケールが電池切れ。
あららー。

困った。本当に(笑)

それでも新年からお店があいているんですよね。
これはきっと神様が新しいのを買いなさい。
と新年早々に言ってくださっているのだ!
なんといっても、お店はセール一色。
というわけで、さっそく、
電池とフライパンとダウンコートを買いました(^^v
ついでに靴とタイツとスカートも買おう!^^vウヒヒ
■ブラジル系ごはん | コメント(0) | トラックバック(0)

あけましておめでとうございます。

2013年01月04日
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今日から仕事始めの方も多いんじゃないでしょうか。
かくいう私もそうです。

さて、今年のお正月はというと、、
いつもは地元の神社に加えて
京都や大阪に行くのですが、
友人が遊びに来てくれたので、
今年は地元の神社を3つもまわりました。
というのは、
行ったことがない神社で、
有名な神社があったので。

なぜ有名なのか、そのいわれを聞いて
へえーっと思うことしきり。
意外にも私が住んでいる地域は
面白い歴史があることを知りました。

神社やお寺は大好きです。
出店が出て、いっぱい人がいる神社もあれば、
ちらほら店があって、
人もまばらな静かな神社もいいですね!
それぞれ趣があって。
いい気がめぐっているという感じで、
いつも落ち着きます。

そんな中でも、屋台での食べ歩きは忘れません。
屋台好きの私としては、いろいろ食べ歩きたい。
地元なので写真は、すいません、
割愛させていただきますが、
今年もちょこちょこと食べ歩きました。
その中でもおいしかった3つは、というと

その①
焼きたてのカステーラは、やっぱりおいしいですね!
全く持ってどのお店も味や形の違いはないのですが、
ついつい誘惑に負けてしまい、買ってしまいました(笑)

その②
初めて鶏皮餃子を食べました。
これは美味しかったです。
鶏皮餃子とは、鶏皮に餃子の具を巻いて揚げたもの。
皮がぱりぱりっとしておいしい。
鶏と豚のコンビがこんなにおいしいとは!
また自分でも作ってみようと心に誓いました。

その3
初めてドネルケバブというのを食べました。
クミンの味がついた焼いた豚肉とキャベツが
ピタパンに入っています。
ドレッシングはオーロラソース。
これもまたおいしかった!


ほかいろいろです。

ブラジルの友人が来てくれたときは、
鍋をし、最後はマルちゃん製麺で〆です。
ブラジル人の方がCMに出られたこともあって
買ってみました。

初めてマルちゃん製麺を食べたのですが、
すっごくおいしかったです。

まるで生めんみたいなコシ。
とても乾麺と思えないクオリティーの高さ。
ブラ友も、私もびっくりです。

そんなこんなで新年があけていきました。


まったくブラジルっぽくない最初の記事ですが、
今年もいろんなブラジル料理を作って
みなさんとシェアしていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。
近況 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。