QLOOKアクセス解析
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ごはんのオーブン料理 Arroz de forno

2011年09月27日
1109オーブンごはん

「Arroz de forno」は、なんと訳したらいいんだろう??
直訳したら、「オーブンのごはん」。
しかし、何のことやらと思います。

同じなのが、「Panela de carne」。
直訳するれば、「お鍋の肉」といいます。
よく似ています^^;;

考えた末、「ごはんのオーブン料理」と相成りました。
レシピを見ていると、やり方は2通りあって、
一つ目は、お米を炊くところから、オーブンを使うレシピ。
二つ目は、炊いたご飯を使ってオーブンでさっと焼き目を作るレシピ。

さて。

私はどちらを選んだかというと、
炊いたごはんを使ってできるレシピを選択。

あまったごはんで作れるので、とても便利です。

作り方は、ご飯に牛乳を1/3ほど入れてよくごはんに混ぜておき、
好きな野菜とハムをチョコチョコと載せて、
塩コショウしてチーズを振りかけて、オーブンで10分ほど焼くだけ。

私は、今回は、プチトマトに、スライスしたたまねぎ、
輪切りにしたしし唐を入れて、
ハムを乗せて粉チーズを振り掛けました。

冷蔵庫にある野菜でできるのがいいですね^^v


ちなみに、もう一つのお米を炊くほうのレシピのほうも作りたい。
できたら、ブラジルのお米が手に入らないかなぁと思っています。

皆さんご存知だと思いますが、
ブラジルでは、いわゆるインディカ米という、
長細い、ぱらぱらとしたお米が食べられています。

このインディカ米は、世界でおよそ80%の生産量を誇るんだそうです。
私たちが食べているのは、短粒種と呼ばれる粘り気があるお米ですが、
ぱらぱらしたお米のほうが世界の主流なんですね。

ちなみに2005年の世界のお米生産ランキングでは、
トップ10はアジア地域がほぼ独占状態なんですが、
その中で唯一アジア以外の国がランクインしていました。
それは、どこかというと、
・・・・みなさん、わかりますよね^^?

そう。
ブラジルです。
なんと、9位なんだそうです。

日本は10位。そしてトップは中国。さすが!

ちなみに意外だったのは、14位のエジプト。
エジプトって主食は、パンのイメージが強かったんですが、
お米も食べるのかな^^?


お帰りの際、レシピブログに、ぜひクリックお願いします^^v




スポンサーサイト
■ブラジル系ごはん | コメント(0) | トラックバック(0)

ホカンボーレを練習中

2011年09月20日
1109ホカンボーレなんですが

いやー、台風ですね!
風も雨もすごいです(汗

子供のころは、台風と聞くと、学校がお休みといって喜んでいたものですが、
社会人はそれでも行く必要があるので、気合が必要な今日この頃。

だいぶん涼しくなりましたね!
オーブンを動かしても平気な日が多くなりました。

というわけで、
地道に作るホカンボーレRocambole。
妙にスポンジに気泡があいています^^;;

しかしながら、このポンジローの生地、
なかなか素朴でおいしい。
こういうお菓子は、ほんとすき。

ブラ友に食べてもらったら、これいいね!とのこと。
よかったわ^^!

レモンの削ったのを入れて、香り付けもよさそうです*^□^*




お帰りの際、レシピブログに、ぜひクリックお願いします^^v



ブラジル雑談 | コメント(0) | トラックバック(0)

NHK語学番組 ポルトガル語入門

2011年09月13日
朝晩と寒くなりましたね^^
秋の気配。

果物の秋です。
さらには、スポーツの秋。
そして、勉強の秋。

なんていいつつ、
ザックジャパンはウズベキスタンと戦って、
ドローと知って、一瞬のけぞりそうになりながらも、
ヴィッセル神戸は、川崎相手に、アウェーで、3-0の圧勝!

わ~い^▽^)ノ
私の喜びのスイッチはとても単純にはいります(笑)


そうそう。
で、勉強の秋です。
春と秋の1年2回は、どういうわけか、
英語とポルトガル語を勉強したくなります。

それで、手始めに、いつものNHK語学番組のサイトに行ってみたら、
ポルトガル語の番組の講師が、
大好きな武田 千香先生から、浜岡 究先生になって
本も新しくなっていました!

10月から始まるポルトガル語入門は4月から始まる番組の再放送だそう。
サブタイトルは「楽しいブラジルの旅」。
サンパウロを中心としたブラジル南部のお話なんですって!
食べ物のことも載っているらしいです。

アマゾンで見ていたら、浜岡究先生、かなりいろいろポルトガル系の本を
編まれていらっしゃいます。


ほしいなぁ!と思って本屋さんに行きましたが、
どこにもおいておらず^^;;トホホ

来週もなかったら、ネットで頼むことにします^^v

ポルトガル語を今から勉強しよう!といった方や、
もう一度ポルトガル語を勉強しようという方、
ぜひ一緒にやりましょう~^▽^)ノ

ポルトガル語あれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)

ブラジルのカスタードクリーム Creme simples

2011年09月06日
1109ロカンボーレ似クリーム

ザックジャパンも勝利。
なでしこジャパンも勝利。

うれしいですね^^v

さて!

Rocamboleをつくってみる その2です。

クレーメシンプレス(Creme simples)を作ってみました。

「実用的なブラジル式 日伯料理と製菓の友」佐藤初江著
には、クレーメシンプレスA,B,Cと3つの作り方があります。
Aは、マイゼーナや卵黄で作るタイプ
Bは、小麦粉や全卵で作るタイプ
Cが、Bにアラルッタを加えたもの。
アラルッタ (araruta)は、辞書で調べるとクズウコンらしいです。
初めて聞きました。
(ブラ友に聞くと、「あ、そんな粉、あった気がするよ!」とのこと。
一度見てみたい商品です・・・^^;;)

初江さんいわく、
「Aは、一流所のお菓子屋さん」
「B,Cは普通中流所のお菓子屋さん」
で、使われるタイプのクリームなんだそう。

どっちにしようかと思い、
無駄なく使える全卵タイプのBを、まずは、選択。

半分の量で作ってみました。
つくってみようとしたんですが、砂糖の量がすごく多い。
次いで小麦粉も。
ごめん、初江さん・・・。
ちょっとそのあたりを直して作りました。


実は、ですが、ロールケーキを作ったのは、今回が初めてです。
そうなんです。

つまり、コツみたいなやり方がわからんのです(汗
クリームが柔らかいのも失敗の原因です。

巻いてみたら、クリームははみ出ちゃうし、
きれいじゃないのですよ~(;´▽`A``コマッタ

焼きっぱなしケーキは今までいろいろ焼いてきましたが、
2種類以上のパーツを作るお菓子は初めて。


というわけで、初ホカンボーレは、あえなく無残な姿になりました。


はずかしー。

というわけで、ちょいと、練習してみます^^v




お帰りの際、レシピブログに、ぜひクリックお願いします^^v




■ブラジル系ごはん | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。