QLOOKアクセス解析
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

最近好きになったフェイジョンの作り方

2011年06月28日
1106feijon.jpg

先日、お豆さんを使った料理パーティを
知人宅でしたんです。
そのとき、フェイジョンを作りました(汗
自分が食べる分は心配しないけれど、
人様に食べさせるとなると話は別。

いやぁ!どきどきしましたよ~。
最後はおなべがカラになったので、
ちょっと一安心^^v

さて、そのときに作ったのが
最近好きになったフェイジョンです。
いつもは、コンソメを入れたり、
サゾンを入れたりしているのですが、
それをやめて、シンプルに塩だけの味付けです。

それが!おいしいの(´∀`)

出汁文化の環境で育ったのせいか、
どうもスープには何か出汁っぽいのを入れないと
と思っていたんですが、
お豆さんという滋養栄養たっぷりの食材は、
お豆さんからもだしが出ているし、
ベーコンからもうまみが出ているから、
塩とにんにくだけでもじゅうぶんおいしいんですね~(^O^)/

くどくなくってとても好きです。


そうそう。
以前テレビを見ていたら、
イタリアンの川越シェフがおっしゃっていたんですよ。

肉には塩です!

って。

シュラスコも塩だけだものね~。

素材もうまみを持っているから、過度にいろいろ味付けしなくとも
シンプルな味付けでおいしく出来上がるんですね^^v

そういうブラジル料理が大好きです(´∀`)

****

以前書いた記事に
ねぎ入りフェイジャオンとサゾンのことが乗っています~。
スポンサーサイト
■ブラジル系ごはん | コメント(0) | トラックバック(0)

ブラジルのミキサーレシピ ニンジンケーキ

2011年06月21日
1106ニンジンケーキ

ブラジルのケーキってなんとなく、ですが・・・、
ミキサーを使うレシピをよく見かけます。

ニンジンケーキもそう。
今まで、私が紹介してきたにんじんケーキは、
卵白と卵黄を分ける共立てや、
一緒に混ぜてしまうタイプもあったのですが、
ミキサータイプを紹介するのは、はじめてです(きっと)

今まで、ポイントはここ!とか、卵白はピンとつのがでるまで!とか、
順番は守りましょう!とか書かれていますが、
こちらのミキサーレシピは、そんなことは一切ありません(笑)

手早く作りたいときにいいです。
子供さんでも作れます。
ワンツーフィニッシュぐらいのスピードレシピです。

この作り方をみるたび、ブラジルっておおらかだなぁと思います。
そして、このレシピも、おおらかな作り方なだけに、お味もおおらか。
しかし作ってみる価値はあります。

このレシピで、ブラジルを少しでも体感してください(笑)

ミキサーレシピ の にんじんケーキ Bolo de cenoura

*** 材料 ***
卵2個
サラダ油100g
にんじん中1本
薄力粉120g
砂糖90g
ベーキングパウダー5g

*** 作り方 ***
①卵・サラダ油・輪切りにしたニンジン1本分をミキサーに入れて5分ほどまわします。
②薄力粉・砂糖・ベーキングパウダーをボウルに入れてふるい、①を注ぎます。
③型に入れて、180度30分で焼いて出来上がり。

型は20cm×20cmの型にいれて焼きました。

わ!それだけ?みたいな感じですね^^;;

仕上げはチョコソースを載せたり、
粉砂糖をふったりしてどうぞ。
写真は、チョコソースにイチゴのコンポートを添えました。


よかったら、お帰りの際、レシピブログに、クリックお願いします^^v





■ブラジル系ごはん | コメント(4) | トラックバック(0)

水ようかん

2011年06月14日
1106水ようかん


雨が続きます。
でも、どういうわけか、じっとりとした梅雨じゃなくって、
からりとしています。変な天気です。

あるとき、水ようかんが食べたいなぁといったら、
ブラジルの友人が、ふっとお母さんが作ってくれた
和菓子の話をしてくれました。

なんでも当時のブラジルに、寒天や小豆があったらしく、
よく作ってくれたんだそうです。
よし!私も作ってみようかな~、と思って、
まずは水ようかんのもとのこしあんから作ってみました。

と思ったんですが、こしあんを作るのは、はじめてです。
こしあんってぜんざいをもっと水分を少なくして、
こしたもんだろう、ぐらいにしか思っていなかったんですが!
しかし、作ってみてびっくり。

こしあんって作るのとても大変なんですね~。
手間がかかります。すごく。
でも出来上がったとき、食べてみたら、
舌の上です~っと溶けるんです。
そのおいしさにびっくり。
こしあんっていまいち好きになれなかったんですが、
自分で作ってみると、これまたおいしい!
というか、自分で作るから余計においしいんですね(笑)

ブラ友のお母さんは、確か2世だったかと思うのですが、
まだまだ日本の味が受け継がれていたんですね。
種を持っていって育てたり、現地のものを上手に取り入れたり、
自分たちでなんでも手作りしてきたんでしょうね~。

すごいな、えらいな!と思ってブラ友に食べてもらうと、
「おいしい・・・けど・・・」

けど?

「お母さんのは、もっと固かったかなぁと思うんだ」
とのこと。

うーん。それは、きっと・・・・水ようかんじゃなくって
ただのようかんなのでは??????
と思った私でした。

ま、いいことにします(笑)



■うちごはん | コメント(0) | トラックバック(0)

ブラジルのひんやりもっちりお菓子 マリアモーレ mariamole

2011年06月07日
110603マリアモーレ

マリアモーレって、知らない方には、
どんなお菓子と言ったらいいのかと思いますが、
しいて言うなら、卵白を使わないマシュマロというあたりでしょうか。

先日、ブラジルの友人に、
「マリアモーレを作っているんだけど、うまくいかないのよ(泣)」
というと、私の作り方を聞いたブラ友いわく、
「お湯っていうのは、沸騰した水のことをいうのよ」とアドバイス。

あら・・・???

そうなんです。
私の思い込みなんですが、ゼラチンは沸騰したお湯を使うと、
固まりにくくなると思っていたんです。
だから、白湯程度に温めたお湯を使っていたんですが、
マリアモーレはその沸騰したお湯じゃなきゃダメなんだそうです。

というわけで、もう一度、マリアモーレを作ってみました。
そしたら、びっくりするぐらい簡単に出来上がりました^^v
食べてみたら、もっちりとしておいしい!

なぁんだ、そんなことだったのね~!という
目からうろこです。
無知とは恐ろしいですね!(笑)

というわけで、マリアモーレの材料は5つ。
ゼラチン・熱湯・グラニュー糖・
バニラエッセンス・ココナッツファイン(あの繊維状のフレークっぽいの)の5つなんです。

マリアモーレ maria nole レシピ

*** 材料 ***

・ゼラチン15g(袋入りだったら一袋5g×3つね!)
・熱湯150cc
・グラニュー糖 80g~100g
・バニラエッセンス3滴ぐらい
・ココナッツファイン

*** 作り方 ***

①容器にサラダ油を薄く塗って置いてください。
②ボウルに熱湯とゼラチンとグラニュー糖の半分の量を入れて溶かします。
溶けたら、残りのグラニュー糖を入れてハンドミキサーで泡立てます。
目安は、透明だった液が、白っぽくなり、とろ~っとなってきて、
羽のあとが残るぐらいです。
ちなみに、私のハンドミキサーでは、一番ハイパワーにして6~7分ぐらいかな。
③①の容器にささっと流し込んで、冷蔵庫に入れて、1時間ほど。
固まったら、容器から取り出して、好みの形に切って、ココナッツをまぶしてください。

ひんやりもっちりやわらかいマリアのできあがりです!

でもって、固いマリアよ、さようなら~!(笑)


よかったら、お帰りの際、レシピブログに、クリックお願いします^^v





以前、コメントいただいた鍵コメさん、みていらっしゃるかなぁ^^;;
よかったら一度作ってみてください。
■ブラジル系ごはん | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。