QLOOKアクセス解析
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ブラジルのとろ~り練乳プリン Pudim de leite

2010年10月28日
1010ブラジルプリン

最近、プリンを作りました。
もちろん、ブラジルのコンデンスミルクたっぷりの甘いプリンです。
私が昔食べたのは、もっと固めで、すごく甘いプリンだったのですが、
私が好きなのは、甘さは普通で食感はとろ~りプリン。
なので、原材料は同じにして、配合を変えました。

材料は3つ。卵に牛乳、コンデンスミルク。あ!あとカラメル用に水と砂糖も。

よく、ほら、プリンを作るとき、泡立てないでとか、言いませんでした?
ブラジルの作り方は、そんなこと関係なく、ミキサーでやってしまいます^^;;
しかもカラメルなんて、容器に直接作ってしまう。。。

でもね、ざっくりした作り方なんですけど、やっぱりおいしい。

ユーチューブでも動画がアップされていたので、
その中の1つを紹介します。



私の作り方も配合比率(量は半分です)もほぼこれと同じです。
ちょっと練乳が少ないかな。

ブラジルの練乳プリン Pudim de leite のレシピ


*** 材料 18cmのパウンドケーキ ***

たまご2コ
練乳 130g(チューブ入り1本分)
牛乳 400cc

カラメル用の砂糖25g+お水大さじ1ぐらい

***作り方***

準備
お湯を沸かしておく。カラメルを作って型に入れておきます。
オーブンを250℃に予熱開始。
打消しの部分は、またレシピを再考の上、
訂正させていただきます。(2012年7月22日)



① 卵 練乳 牛乳をミキサーに入れ、スイッチオン。2分ほどぐらい。
② 型に①を注ぎ、上にアルミホイルをかぶせておく。
③ 予熱が完了したら、②と天板にお湯を注いで蒸し焼きに。
250℃で35~40分ほど焼きます。
打消しの部分は、またレシピを再考の上、
訂正させていただきます。(2012年7月22日)


表面がぷるんと固まったらOKです。

そんなに手間がかからないでしょう?
材料もたった3つ。
この簡単さがうれしいです。

よかったら、お帰りの際、レシピブログに、クリックお願いします^^v





スポンサーサイト
■ブラジル系ごはん | コメント(4) | トラックバック(0)

小学館 現代日葡辞典

2010年10月21日
1010ポルトガル語の勉強

これです。これ!

今年の5月に発売された日葡辞典です。
たまたま本屋さんのポルトガル語コーナーに行ったら、
今年の5月に出版された辞書を見つけました。

日本語からポルトガル語がひける
現代日葡辞典のコンパクト版です。

本家1997年に出版された現代日葡辞典で、なんと25200円します
以前、この値段見たとき、
そのまま後ろへひっくり返るかと思ったものです^^;;

その点、今回のコンパクト版は3990円と
とってもリーズナブル。

いつも調べ物をするとき、困ったいたんですよ。
この日本語の単語、ポルトガル語で訳したらどうなんだろうって。
特に固有名詞はネックです。

今までずーっと、日本語のWikiで調べて、左側にある
「他の言語」でポルトガル語に変換して・・・ということをしていました。
それで埒があかなければブラジル人に聞いてみたり。

もちろん、日葡辞典は他にもあるんですけど、
値段が高かったり、そのわりに単語が少なかったり。。

というわけで、ささっと購入しちゃいました。

今、かなり、うれしいです
ブラジル関連の本 | コメント(0) | トラックバック(0)

バニラ風味の渋皮煮

2010年10月08日
1009栗

渋皮煮を作っているとき、渋を抜くために
重曹を入れて、10~15分ほど煮ます。

そのときに聞くのがNHK語学講座の英会話入門。

他のBGMでもいいんですけど、
15分ときっちり決まっている講座を聞くと、
終わったころに、あ、15分たったんだな~ということがわかりやすい。
しかも英語の勉強になる!(はずなんだけどなぁ^^;;;)

1009栗をむいちゃいました


先日、ブラジル人の友人に渋皮煮を食べてもらっていたとき、

「これにバニラビーンズ入れてみたらどう?」といわれました。

「あら、いいじゃないですか。」

「シナモンもいいかもね!」

「ナイスアイデア!」

「クローブもおいしそうじゃない?」

「・・・そ、そう・・?」

クローブは・・・なんともいえないのですが、
バニラビーンズとシナモンはやってみたいなぁ。

というわけで、2キロをバニラビーンズを
風味付けにして渋皮煮を作ってみました。

これがなかなかいけます。
渋い日本のお菓子が、軽やかに太平洋を渡ってしまいました^^
こうやってスパイスで風味を変えていくアイデアは、いいなぁ。

そのとき覚えたポルトガル語の覚書。

Cravo・・・クローブ
Bicarbonato de sódio・・・重曹

ポルトガル語あれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。