QLOOKアクセス解析
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

今年もあと1ヶ月・・・。早いね。

2009年11月28日
0911菜めしのにぎり

もう11月末。
早いですね(汗

11月に作った普通の料理をアップ。
毎年似た(というか、同じ^^;;)料理を作っていますが、何回食べても飽きないのが、
こかぶのまびき菜から作る菜めし
(「菜めし」って、「なめし」と読むのか、「さいめし」と読むのかいまだに悩む・・)
こかぶのまびき菜って味があってやわらかくておいしい。
軽くゆでてみじん切りにし、ごま油とさくらえびを一緒に炒めて、できあがり。

簡単です~。

ごはんにまぜておにぎりも好きです。

次は、りんごのブランデー漬け カルバドス風(←みたいになってほしいが)
0911紅玉ブランデー漬け
これはですね。りんごのお菓子を作るときとか、レーズンを漬け込んだりとか、
お菓子用に作っているブランデー漬けです。
りんごは紅玉を使いました。
すごく香りがりんご!!!!っていう感じです。
去年はおすそ分けをいろいろしまして、好評だったので、各方面にレシピを教えました。

りんごのブランデー漬けのレシピはこちら
あ、去年はアップルブランデーという名前をつけていたのね^^;;;
ちなみに今年は約半分の量で作りました。


次は、生姜の甘酢漬け
0910生姜の甘酢漬け
新生姜があったので、作ってみました。初挑戦^^
生姜の辛味がおいしいです。お弁当の端っこに鎮座しています。

そうそう。
最近、ブラジル版お袋の味、豆のスープ フェイジョン (feijao)をよく食べます。
たくさん作って冷凍しておくんです。
そうしたらね。仕事で遅くなっても、ご飯を炊いて、
フェイジォンを解凍して、温野菜サラダを作ったら、もう晩御飯できあがり。
ご飯はお鍋で炊くから、ものの10分くらいで炊き上がってしまう。

フェイジォンは、今は、お肉系を入れずに、豆とたまねぎとにんにくで作っています。
あとは生姜を入れたり、ねぎを入れたり。
豆製品も取れるし、なにより早い。

便利だ。。。

豆のスープ フェイジョン (feijao)のレシピはこちら

興味ある方どうぞ~。



よかったら、クリックお願いします^^v




スポンサーサイト
■うちごはん | コメント(0) | トラックバック(0)

教えてくれないとわからないこと

2009年11月26日
0911りんごの皮で酵母

以前、りんごで酵母を起こしていたんですが、
酵母を起こした後のりんごって、いまひとつ使い道がなさげ。。。
すりおろしたりんごとその酵母ごと使うというのも手なんですが、
面倒かな。

と。

あるとき、りんごを食べようと、残るむいた皮とヘタ。
捨てるなんてもったいないなぁ。

それで、起こしてみました(笑)
りんご3個の皮とヘタの重さを量って、その倍の水と大さじ2の蜂蜜をいれ、1週間。

こんな感じです。

まずはストレート法で、パンを焼いてみましたが、かなり発酵力が弱かったー(>_<。
発酵力を増すために、残りの酵母液で、中だね法へ進路変更。
さてさて。。。。^▽^

よかったら、クリックお願いします^^v





*** ポルトガル語の話 ***

基本、本とブラ友でポルトガル語を覚えている私です。
たとえば、本に出てきた文章やブラ友たちの会話の中で文章や単語を暗記して、
必要な場面で使って練習するんです。

もちろん、本に出てきたのが、すべて正しいというわけじゃなく、
状況によっては、ちぐはぐな場合もあります。

以前、某本で、これが口語で使われているポルトガル語だよ~と紹介されていた文章が
あったので、それを一度使ったことがあるんですよ。

そしたら。。。。

その言葉、つかないほうがいいよ。すっごく年齢的にゆうに合わないよ~。
といわれたことがあります。

そのときの言葉をがんばって書いてみると、こんなイメージ。
「あたしぃ~、今日ぅ、ちょー気分いいんだぁ~

若い方が使っているような、そんな感じなんです。

このニュアンス、ノンネイティブな私にとって、
ポルトガル語の文章を見ただけじゃ、ぴんとこないのです。

これを教えてくれたときは、恥ずかしいですが、
でも、教えてほしい。。。
外国を勉強するとき、話すとき、切に思います。

ほんと、彼らのアドバイスがうれしいよ~。

ブラジル雑談 | コメント(0) | トラックバック(0)

りんごケーキ Bolo de maçãs

2009年11月25日
0911りんごのケーキ


思いのほか忙しい毎日です^^;;
でも、食品業界は、年末までダッーシュ!
がんばろう→私ってな感じです。
1ヶ月以上もブログを放置していますが、元気にやっています。


やっぱりこの時期はりんご(maçãs マサォン)ですね~。
簡単なりんごケーキを焼きました^^

ずっしりしっとりしていて、りんごの甘さも引き立って、おいしかった!
ミルクティーを飲んでいるときにぱくっと一口甘いもの。
これがほしくて作りました。
寒い風がびゅんびゅんふいたなか、家に帰って、
おうちの中でミルクティーと甘~いboloがあれば、幸せ^^。

レシピは簡単ですよ~。


りんごケーキ Bolo de maçãsのレシピ (21cmのスクエア型)

***材料***
りんご1個+砂糖大さじ2
薄力粉100g ベーキングパウダー3g シナモン2ふりぐらい。
バター100g 砂糖80g 卵2個 牛乳30g


***作り方***
①りんごの皮をむき、いちょう切りにする。
そして、砂糖を大さじ2を振りかけて、ラップしてレンジで700w3分。
②薄力粉とべーキングパウダー、シナモンをあわせてふるっておく。
③別のボウルにバター100gを入れクリーム状に練り、
砂糖を加え、卵を少しづつ加えて牛乳も加える。
そこへ②をさっくり加え、①を加える。
型に流しいれ、オーブンで180℃35分で焼いて終わり!

最近流行の3ステップ的に書いてみましたが、そうでなくとも簡単です。
慣れれば、15分くらいでささっと作って焼くことができます。



よかったら、クリックお願いします^^v






****ここからはブラジルのこわーい話

先日ブラ友と話していたのが棺おけの話。

今は冬だけれど、ちょっとぞっとする話です。。
ブラジルって、土葬が主流なんだそうです。で。ですね。

なんでもその場所は、大体5年後に掘り返されるんだそうです。
どうしてかっていうと、また違う人がそこへ入るからなんですって。
え?ほんと???って思うんですけど、永大供養といった考えは、
あんまりないみたいです。


で、ここからが本題。

5年後、棺おけを開けてみると・・・・・・・・・・・・。


ときどき、骨の向きが違う方がいらっしゃるんだそう。。。。


・・・・・・(-_-;;;

こ、こわすぎますねーー。

ほんとかなぁ。
その手の話は、よく聞くんですけどね

「ときどき」ってどれくらいの頻度だろう。。

ブラジル雑談 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。