QLOOKアクセス解析
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

maria mole マリア モーレ から作るお菓子

2007年06月22日
マリアモーレじゃないけどね


私には、仲のいいブラジル人の友人Rさんがいます。
いろいろあって(というか、ヴィッセルが連敗していたので)
私がしゅんとしていると、作ってくれました。
それが、ブラジルのおやつのマリアモーレの粉から作るお菓子。


このお菓子の名前は、ないんだそう(笑)
Rさんの友人から教えてもらったオリジナルレシピなんですって。

マリアモーレの箱はこちら↓
マリアモーレの箱


たべてみると、ココナッツ味のババロアって感じです。

とても甘くって、歯が痛くなりそう^^;
でも、ちゃんと甘くって、風味があって、私好きなんです。

日本のお菓子とブラジルのお菓子の大きな違いは甘さ加減。
ブラジルのお菓子は、死ぬほど甘い。
お茶をのみながら、すこしずつたべながら、
午後のおしゃべりです。


ところで、私、マリアモーレそのものを食べたことがないんですよね。。
なんでも、マシュマロみたいなおかしなんだとか。
今度作ってみよう。



スポンサーサイト
■ブラジル系ごはん | コメント(6) | トラックバック(0)

mado mado (マドマド)

2007年06月19日
madomado

mado mado
兵庫県神戸市中央区三宮町3-2-2伊藤ビル2F
営業時間11:30~20:00
TEL078-332-7590

琉球紅茶を初めて知ったのは最近。
沖縄ティーファクトリーが、製造から販売・卸しをしているんだそう。

これを聞いたとき、沖縄にも紅茶ができるんだ!とおどろきました。
なんでも紅茶の木のアッサム種が育つのは北緯29度までなんですが、
沖縄は北緯26度なので、国内で唯一、
アッサム種が自然な状態で育つぎりぎりの環境なんだそうです。

飲んでみたいなぁ。。。。と思っていたら、
神戸に琉球紅茶を飲ませてくれるところがあったんです。

それが、mado mado(マドマド) mahisha(マヒシャ) organ(オルガン)
3店とも、オーナーが同じです。
特にorganは大学時代によく行ったカフェです。
オーナーさんが直接買い付けに行っているらしく、
時々個性的な紅茶が飲めます。

そんなわけで、さっそくmado madoに行ってみました。
organも好きなんですが、通りに面した方が全面が窓になっている
mado madoのほうが、開放感があって
なんだか好きなんです^^

階段を上って、2階へ行くと、
ゆったりのんびりアジアンテイストの店内。

もちろん琉球紅茶をオーダー。
でもそれだけではさみしかったのでケーキも頼みました。


これが、琉球紅茶のミルクティー&ケーキです。
指し湯とミルクはお変わり自由です。
とはいえ、用意していただいた指し湯だけで、
6杯以上は飲んだと思います。
胃がちゃっぷんちゃっぷんいってます。
これで600円ですよ。かなりお得です。

お茶


さらにアップ
琉球紅茶のミルクティ


一口のむと、色といい、味といい、まさにアッサムだ!と思いました。
ああ、びっくりです。ほんとうに紅茶でした(失礼!)。

どっしりした味わいです。ミルクがほんとよく合います。


そして、ケーキ。
これは普通においしかったです。
たぶん木の実のチョコレートタルトみたいな名前でした^^;
値段は・・・480円くらいだったかな。
木の実のチョコレートタルト



足元のグリーンがよい感じですね。
足元に緑


店内はこんなにゆっくり。お一人様も多いです。
昔からそうですが、ゆったりしたお店作りです。

明るい店内


行きかたは、
神戸市営地下鉄だったら、旧居留地・大丸前駅で降りて
2番出口へ出て、左へずーっと歩いてください。

JRだったら、元町駅東口を海側へ降りて、
百貨店の大丸が見える交差点まで降りてください。
大丸へは交差点を渡らずに、角の銀行を左へ曲がります。
大丸を左手にみながら、進んでください。
この看板を目印にしてください↓
マドマドの看板



旅行 | コメント(4) | トラックバック(0)

寿し秀 ヴィッセル巻き

2007年06月17日
ヴィッセル

住所: 神戸市兵庫区御崎町2-2-7
TEL:078-671-0598 FAX: 078-671-0630
営業時間: 10:30~20:00 定休日: 水曜日

6月16日(土)ヴィッセル神戸vs大分トリニータ戦。
ひさしぶりに、ホームで観戦しました。

ホームへ行く途中にあるのが、おすし屋さんの寿し秀


ここは【いる飯まき(懐かしいなぁ)】とか、
【キングカズちらし寿司】とか、【エムボマ巻き】といったメニューを
考案して販売したおすし屋さんです。

今日もお店の前で、ヴィッセル弁当とヴィッセル巻きを
売っていたので、買いました^^v
おすし屋さんの巻きっておいしいから好きなんですよ。
しかも観戦しながら、手で食べられるので、巻きはとっても便利。

買ったのはヴィッセル巻き550円。
ヴィッセル巻き中身


ここのお寿しは、とてもおいしいので、前を通ったら、購入してます。
ヴィッセルに観戦するときはぜひぜひお立ち寄りくださいませ!


一方、試合は、というと・・・
10秒後


1-3で負けました。
開始直後、40秒弱で先制点を入れられました。
この写真の10数秒後に1点です。

写真を見て思ったのですが、この写真のときボールは、
奥のほうのトリニータの選手がキープしています。
そして一番手前にいるトリニータの20番の高橋大輔が手を上げています。
ここから、一気に奥と中盤にいる選手が上がってきます。

そしてあれよと20番に繋いで先制点。

いつ20番は上がってきたのか、試合を見ていたときは、
わからなかったんですが、この写真見て納得。
足が速いサイドバックです。
気がついたら、後方から一気に前線に走りこんでました。

すごく早い。
そして、飛び出しがうまい。

彼の先制点が、悔しいけれど、すべてを決定付けた気がしました。
とかく、ヴィッセルの攻撃がかみ合わない。
シュート本数も、ヴィッセルが多いし、
押してる場面も多かったのに、点が入らない。

とはいえ、ヴィッセルの大久保嘉人はすばらしいですね。
いろいろ言われる選手ですが、ゴールに対する嗅覚は、一流です。
1本だけ、DF2人(?)とキーパーに囲まれてつつも
その間をすり抜けたシュートに、思わずぞくっとしました。

ゴールには、入らなかったんですけどね。
でもよかった。





■そとごはん | コメント(2) | トラックバック(0)

東京ばな奈のしっとりバームクーヘン

2007年06月13日
東京ばな奈


今日は東京へ行った方にいただいた東京ばな奈のしっとりバームクーヘン、の1/4コ。

このお菓子は初めて知りました。
けっこう東京のおみやげ物として有名なんだそうですね。

味は、しっとりしていておいしかったです。
あれ、商品名そのまま・・。

それにしても、バームクーヘンって作れそうで、作れないですね。

■うちごはん | コメント(2) | トラックバック(0)

サーモンのマリネ

2007年06月08日
サーモンのカルパッチョ風


今日の夕方はすごい雷と雨。
こういうのが2,3回あると、もう、夏本番ですね。

今日の雷は近かったみたいで、停電しちゃいました。
びっくりです。でも、すぐ復旧したのでよかった(ほっ)。


それにしても、ここ数日昼間が暑いですね。
そのせいもあって、すっぱいのが食べたいという気になっています。

仕事帰りのスーパーで見つけた、サーモンのブロック。しかも特売。
うん、これは、買いです!

というわけで、マリネにしてみました。

サーモンをうすくスライスして、
皿に並べ、バージンオリーブオイルをふりかけます。
そして塩を軽くふり、たまねぎのスライスを置いて、
ワインビネガーをたっぷりかけます。

あとは、ドライパセリとドライオレガノ、こしょうをふって、
冷蔵庫で30分ほど寝かせます。
そして、(強制的に)できあがり。

ほんとはもっと置いたほうがいいんですけどね。
夕飯に食べたかったのでちょびっとだけ寝かしました^^


■うちごはん | コメント(2) | トラックバック(0)

モロッコインゲンとベーコンのパスタ

2007年06月06日
モロッコインゲンの全体図

モロッコインゲンは見た目硬そうなんですけど、
2分ほどゆでると、すぐやわらかくなります。
しかも、豆のふんわりした甘さをたのしめる、おいしい豆です。

なんといっても、つんっとしたさきっちょがかわいい^^
さきっちょ


オリーブオイルににんにくのみじん切りを炒めて香りを出してから、
ベーコンを入れて、じっくり脂をひきだしてから、
斜め千切りのモロッコインゲンを入れ、軽く混ぜます。

そして、パスタのゆで汁を入れて、ふたをして弱火で1分ほどおきます。
仕上げにすこしだけ塩。

そして茹で上がったパスタとあわせました。

黒こしょうとパルメザンチーズをふってできあがり。

モロッコいんげんのパスタ



それにしても暑いですね。
影に入れば涼しいんですけどね。

そういえば、私の周囲では、今週、田植えラッシュです^^
10月にはおいしいお米になったらいいね。



■うちごはん | コメント(2) | トラックバック(0)

備前焼の急須( びぜんやき の きゅうす )

2007年06月02日
備前焼

先日、備前焼の窯元にいったら、おんなじのがごろごろっところがってました。
全部、失敗作なんだそうです。

作風がちがったのか、なんなのか、理由はわからないんですが、
見た目は、まだまだ急須に使えそうです。
水を入れても、漏れないし。

そんなわけで、1ついただきました。

あ、陶芸家さんって、失敗作は他に譲ったりしないそうですね。
なんでも、銘の入った駄作が流通してることが、いやなんだとか。

こういう芸術ものはブランド力が大事ですから、ね。

でも、よしみで、いただきました^^

かわいい注ぎ口


ひょっとこみたいな注ぎ口がかわいい!

その陶芸家さん、私と似た年なんですが、作る作品は渋い(笑)
ま、備前自体が渋いんですけど、
彼の場合は、さらに、新しいアイデアを盛り込もうと、
試行錯誤しています。

写真じゃわからないんですが、彼が作る備前焼は、厚さが薄め。
備前ってもちょっと分厚いんですけどね。
軽めの食器をいつもよく作っています。
卸のかたから、そういわれたのか、わからないんですけど、
お茶碗も、軽い。持ちやすいんです。

家に帰ってから、いただいた急須に茶葉を入れ、
80度のお湯を注ぎ、しばらく待ちました。

湯のみに注ぐと・・・・。


なぜ失敗作なのか、その意味がわかりました^^


だって、注ぎ口とふたのとことろから、
一緒にお茶がじゃーって、流れてくるんですもん!!!!

ああああーっっ!!って声を一瞬あげました。
予想しないことが起こったら、一瞬声をあげるものなんですね、人間って。

そして、急須を横から見て納得しましたよ。

あ、なるほど!

ね?
普通は、注ぎ口はふたの位置より、上まで伸ばすものなんですけど、
これは、ふたの位置より、下。
だから、急須を傾けたら、ふたのところからも、水が出てくるわけです。

失敗作って、てっきりデザインとかが違うと思っていたんですが、
実用性に向かないという判断による失敗作なんですね。


というわけで、この急須は、今日から、めでたく花びんと、
お香を焚く入れ物になりました^^




■うちごはん | コメント(2) | トラックバック(0)

塩むすび

2007年06月01日
塩むすび

ときどき、無性に食べたくなる、塩むすび。
私は、塩がきつめのが好みです。

材料はいわずと知れた、ごはん、のり、塩だけ。
それだけなのに、おいしいなぁ。




■うちごはん | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。