QLOOKアクセス解析
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ブラジルのごはん

2012年05月05日
120504ブラジルのごはん

ブラジル料理について
先日あれこれと検索していたら
銀城康子さんが書かれた
「ブラジルのごはん」という本が
出てきました。

ずばり、児童図書でした。
さっそく図書館に行ってみたら
ありました^^vラッキー

しかし・・・。
子供たちに交じって、本を探し、借りるのは、
さすがに恥ずかしかった^^;;

家に帰って読んでみたら、
日系のある家族を中心にブラジルの食卓が描かれています。
朝ごはん、お昼ごはん、晩ごはんは何を食べるのか、
ブラジルの食材、マナー、行事、
そして地域によって変わる料理などなど
まさに私が体験したブラジルだ!と思うものから、
知らなかったことまで
いろいろ書かれていました。

最後のページに、参考資料として、以前紹介した
「実用的なブラジル式料理と製菓の友」佐藤初江さんの本がありました。
やっぱりブラジル料理のバイブル的な存在ですね(・∀・)

この本はシリーズであって、ほかの国のごはんもあります。
大人が読んでも面白い絵本です。
ブラジルのごはんに興味がある方、ぜひお勧めします!

ちょこっと料理のレシピもありますよ~。
スポンサーサイト
ブラジル料理が載っている本 | コメント(2) | トラックバック(0)

2012年上半期の目標 その3

2012年03月04日
12218アナマリアブラーガ

「A Cozinha Brasileira de Ana Maria Braga」
(アナ マリア ブラーガによるブラジル料理)

ブラジルに、知らない人はいないとても有名な
アナ マリア ブラーガ(Ana Maria Braga)。
料理研究家の中では、大御所中です。

こちらの本はブラジルの友人にもらいました。

1998年出版の古い本なんですけど、
ブラジルのいろんな州の
たとえば、サンタカタリーナ、ミナスジェライス、
バイーアや、サンパウロやリオなどの
代表的な料理が載っているんです。

ブラジルはアフリカ、ヨーロッパの移民が多いので
その地方の材料とお国の料理がミックスされていて
ユニークです。
ルーツをたどれば、アフリカだったり
ドイツだったりします。
ルーツを知って思わずへー!っと驚いてしまいます。
知らないことを知るとわくわくします~!

というわけで、上半期の目標の3つめが

③ブラジルには26の州と1つの連邦直轄区(首都ブラジリア)
があって、その郷土料理を調べる。

なんです。

これをするにはポルトガル語力をなんとしても上げなければ!

ブラジル料理が載っている本 | コメント(0) | トラックバック(0)

今、ほしいブラジルの料理本

2011年08月23日
51YuYSkEQYL__SL500_AA300_.jpg
(写真はPanelinhaからお借りしました)

それは、Rita lobo が去年、出版したPanelinha Que Funcionamです。
けっこうRitaのレシピはワタシ好みの味なんですよ。

昔、どなただったか忘れたんですけど、
料理研究家の方がおっしゃっていた言葉があるんです。
大まかにしか覚えていたいないんですけど、
大体こんなかんじ。

***

いろんな料理本があるけれど、
自分の舌に合う・合わない本というのがあります。
だから、本を買ったら3品きっちり作ってみてください。
味が自分に合えば、その料理研究家が書いた本は、
あなたの味に合う可能性が高いです。

***

と、こんな感じ。

そのことにしたがって、いろんな料理本を見ながら
3つ選んで料理を作っていました。

Ritaもそう。
私は、Panelinhaというサイトを愛用させてもらっています。

特に、ブラジル料理って、激しく甘いデザートが多くて
うっとくるレシピも多いのですが、その点、
Ritaの書くレシピは、補正をしなくとも、
大体のレシピは私の舌に合ってくれるのです。

そのRitaが出版した本。
日本ではなかなか手に入らない。

ほしいなぁ!


****

さて!みなさん、お盆休みはいかがお過ごしだったでしょうか?

私は、ゆったりと過ごしました。

といいたいところですが、忙しかったです^^;;

というのは、ここ2年ほどピラティスという分野のエクササイズをしていて
もっと、勉強したいと2ヶ月ほど前からトレーナーコースを受講していたんです。
それ以外にもいろいろレッスンを受けてみようと思って、
休みの期間を利用して受講したり、
パーソナルレッスンを受けたりしていました。

そして、先日、ペーパーテストと実技の試験が終わって、結果を待つ身です・・・。
受かっているんでしょうか。。。ちょっと心配ですが^^;;


というわけで、私の近況でした^^

また、今週から、「週末はブラジル料理で」を再開です。
よろしくお願いします~!

ブラジル料理が載っている本 | コメント(2) | トラックバック(0)

世界のおいしいお米レシピ

2011年07月12日
なでしこジャパンが、なんとドイツを破ってベスト4。
すごい。

思わずじぃっとニュースにかじりつきました。
選手同士が抱き合って喜ぶ姿をみて
潤んでしまいました。

さらに組み合わせをみてびっくり。
ベスト8の中にブラジルもいたんですね。。。。
ブラジルって女子サッカーは強いイメージがなかったんですが、
今は違うんですね~。

すごいなぁ。
すごい。

そうそう。
先日、本屋さんに行ったら、バーゲンをしていました。
何気なくとったのが、こちらの本です。
「世界のおいしい米レシピ 林 幸子著」
1107おいしい世界のお米


お米が大好きな私です。
さらに、世界と名がついているのでブラジルのレシピが載っているかなぁと思って
ぺらぺらめくってみたら、ありました。

そう、「ムケッカとブラジルごはん」です。

1107世界のお米レシピ
おいしそう~!


ブラジルごはんってなんだろう?と思ったら、
フライパンにサラダ油を引いて
にんにくとたまねぎをいためて、お米も加えて炒めて、
塩を入れ、それをごはんと一緒に炊くという、
つまり油めしのことですね^^;;;

いや、いろんな呼び方があるもんです。

ムケッカは、ブラジル料理といて案内される
定番メニューですが、日本では、
デンデ油が普通にスーパーで販売されていないので、
そこがちょっと作るのが難しいレシピです。

でも、このレシピのように、
なくっても、まぁ、いいか(ブラジルだし 笑)
とふと思ったのでした。


ブラジル料理が載っている本 | コメント(0) | トラックバック(0)

実用的なブラジル式 日伯料理と製菓の友 佐藤初江

2011年02月15日
1102念願のブラジル本

ブラジルで出版されたブラジル料理と日本料理の本、
「実用的なブラジル式 日伯料理と製菓の友 佐藤初江 著」です。

初版は1934年。。。って戦前のお話です。
昭和の時代で初めてじゃないでしょうか。
ブラジル料理の本が出版されたのは。

古書屋さんで探してみたら、アカデミイ書房さんにありました。
さっそく注文しましたよ。そして届いたのが上記の写真です。

開いてみると、さすが、言葉遣いが、昭和初期。

ボウルが「深鉢」。
サジは「匙」。
しかも、大さじは「食匙」
小さじは「茶匙」
1カップは「1瓦」

さらに、
小麦粉は「フアリンニャ・デ・トリーゴ」もしくは「メリケン粉」
牛乳は「レイテ」
つまりポルトガル語そのままの発音をカタカタにしています。。。。

佐藤さんは1901年生まれで、
23歳ぐらいでブラジルへ渡っています。
だから、母語は日本語だと思うのですが、
書かれている文章はとてもコロニアルです。

たぶん、2世3世に向けて書いているからかもしれません。

読んでいくと、マナーに関することや、
米ぬかが手に入らなくってとうもろこしの粉でぬかどこを作っているレシピとか、
当時の日系人の暮らしが伺えます。

ここにはブラジルのお菓子もたくさん乗っているので、
とっても楽しみです。


ブラジル料理が載っている本 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。